予約制
076-456-8800

お知らせ

【重要! 】新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の対応に関するお知らせ【再掲】

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) につきまして、変異株 (オミクロン株) が猛威を振るっており、引き続き長期的な感染予防対策が必要な状況です。当クリニックにおける感染予防対策事項を再掲させていただきます。特に初診をご予約予定の方は必ずご確認ください

 

★ご本人が新型コロナウイルス感染症を発症した場合、あるいは濃厚接触者に該当する場合は、保健所の指示に従ってください。既に初診・再診のご予約のある場合は、必ずお電話にて当院までご連絡をお願いいたします (直接のご来院による相談はしないでください)。

 

上記に該当しない場合も、富山県外在住あるいは富山県外に旅行や出張などで出入りされた方の初診のご予約は、2週間の自宅待機後 (富山県内に入られてから2週間後以降) にお願いいたします県外からの病院の紹介状がおありになる方は、紹介状のご記載日から少なくとも2週間以内は初診のご予約はできません。ご紹介のある・なしに関わらず、基本的には自己申告となりますが、新型コロナウイルス感染症は無症状であっても強い感染力がございます。心療内科/精神科の場合、初診は30分以上の診察を密閉された空間で行いますので、感染リスクが極めて高い状態です。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

再診の方につきましては初診の方に比べますと診察時間が短く、感染リスクも比較的低いと考えられますので上記のような制限はもうけませんが、ご常識の範囲内でのご移動および待機後の受診をお願いいたします。

 

当院では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診察は行っておりません。

  • 37.0℃以上の微熱咽頭痛鼻汁・強い倦怠感・呼吸困難感などの症状がある方は、ご来院をお控えください当日ご予約のある方は、クリニックまでお電話をお願いいたします
  • ご来院の際は同伴の方を含めまして、必ずマスクをご着用くださいお車でご来院の方は、車中での待機を強くお勧めいたします
  • 同伴の方は、ご親族の方1名まででお願いいたしますご親族でないお付き添いの方 (ご友人、ご交際相手、内縁の方等) は、クリニックへの立ち入りをご遠慮ください
  • 来院時、クリニック内玄関にてスタンド型顔認証体温計による検温をお願いします。発熱がある場合やマスク未着用の場合は、画面に警告が表示されます。
  • その後、受付職員によりウイルス感染症の症状の確認と、アルコールによる手指消毒 (アルコールアレルギーのある方はお申し付けください) をさせていただきます。明らかな発熱やウイルス感染症の症状がある場合は、診察をお断りさせていただく場合がございます。
  • 診察室への入室は、特別なご事情がない限り、患者さまご本人のみとさせていただきます(受診される方が未成年の場合等、必要時もご親族の方1名まで)。前述の通り、ご親族でない方のクリニック内への立ち入りおよび診察室への入室は禁止させていただきます

 

当院では以下のような感染予防対策を行っております。

  1. 医師・スタッフ全員が常時マスクを着用しており、適宜手洗い・手指消毒、うがいを励行しております。
  2. 院内 (待合室・診察室等) はこまめに換気を行っております。冬場はウイルスが特に繁殖・蔓延しやすいため、頻回に換気を行います。少々肌寒く感じられる時があるかもしれませんが、ご了承くださいませ。
  3. 座椅子、テーブル、ドアノブ・手すり、医療器具、トイレや洗面所などの水回り等は、次亜塩素酸ナトリウム液によりこまめに消毒を行っております。
  4. 待合室の座席の間隔を空けさせていただいております。座席数が少ないため、患者さまのご来院が多い場合は、お車等で待機していただく場合がございます。
  5. 不特定多数の方が触れる院内雑誌は一旦撤去いたしました。
  6. クリニック内玄関に非接触型スタンド型顔認証体温計を設置しております。感度不良の際は、受付にて携帯型非接触体温計による測定も可能です。
  7. 受付、診察室および心理検査室にアクリル板 (パーテーション) を設置しております。
  8. 毎日の診療業務終了後の夜間、クリニック内全体をHEPAフィルター付オゾンエア空気清浄機にて消臭・除菌しております。

2022/04/02(土)~診療時間を変更いたします

最終受付時間もご確認くださいませ。

 

月曜日~水曜日、金曜日

AM 08:45~12:00 (最終受付11:45)

PM 13:45~18:00 (最終受付17:45)

 

土曜日

AM 09:00~12:00 (最終受付11:45)

PM 13:30~15:30 (最終受付15:15)

 

クリニックは上記の時間帯のみ開錠いたします(土曜日は午前は09:00、午後は13:30ちょうどの時刻まで開錠しませんのでご注意ください)

なお、平日は18:00、土曜日は15:30に閉院 (施錠) いたしますので、最終受付時間をお守りいただくようよろしくお願いいたします。

初診のご予約の確認につきまして

ホームページ上にて再三お伝えしておりますが、初診予約を入れられた患者さまが当院にご連絡なく、受診をキャンセルされることが時々あり、大変困っております当院は完全予約制であることをご了解のうえご予約いただいているものと理解しておりますので、当たり前のことではありますが、受診の心積もりのない方は、初診のご予約はお止めください

受診の有無を直前までお悩みの方や、お勤めの方で初診の時間帯にお休みを取ることの確約が難しい方は、当日の受診が可能な病院をお探し下さいませ。ホテルやレストランなどの施設をご予約された場合、無断キャンセルされることは通常あり得ないように思いますが、そのような施設では無断でなくとも、数日前よりキャンセル料を取っているところもございます。このまま初診を無断キャンセルされる方が続くようであれば、初診予約に関して、当院としてより強固な対策を取らざるを得なくなります。

 

初診予約の無断のキャンセルは、30分程度の初診の診察時間を確保している予約制の当院の運営に関わるだけでなく、初診予約をお待ちの他の患者さまや、不調のため予約を早めて再診を希望される患者さまの、多大なご迷惑となっております。

 

そのため、初診予約を入れられた患者さまには、初診前日(前日が休診日の場合はその前日)に、予約のご確認のお電話を入れさせていただいております

当院からの複数回のお電話にお出になられず、また折り返しのお電話もいただけない場合、 以前は予約当日朝の判断としておりましたが、間に合わずその枠が空白の時間となることがありますので、その時点で初診予約をキャンセルさせていただきます

前日までに初診ご来院のご確認が取れない場合、その枠には別の方の初診予約を入れさせていただきますので、当日に来院されても初診をお受けすることはできませんことをご了承くださいませ。

 

*当院ではキャンセル待ちの初診予約はお取りしておりません。

 

なお、初診予約の無断キャンセルをなされた場合、以降の当院での診察はお断りさせていただきます

 

また、初診予約のキャンセルを希望される場合は、お早め (遅くとも初診前日夕方まで) のご連絡をお願いいたします当日の初診予約のキャンセルはご遠慮くださいませ

当院での診療が困難なケースにつきまして

当院での診療が困難なケースにつきまして、下記にまとめました。初診をご予約される前にご一読くださいませ。

 

精神症状が強く、入院治療あるいは多くのマンパワーを必要とする可能性の高い方

以下のような方は多くのマンパワー (医療スタッフ) を必要とすることが多いため、初診の時点で病床 (入院施設) のある大きな規模の病院の受診をご検討ください。

 

  • うつ状態にて死にたい気持ちや焦燥感 (気持ちのあせり・落ち着かなさ) が強い方。
  • 上記などのため、自傷行為・過量服薬などの危険な行動が目立つ方
  • 幻覚や妄想が強く、会話の内容の理解がとても困難であり、行動が破綻している方。
  • 認知症状態が強く、幻視、興奮や徘徊などがあり目を離せない方。
  • 上記等の精神状態のため、救急病院の受診を繰り返しておられる方
  • アルコールや薬物など、嗜癖・依存の問題が大きい方。
  • 食事がほとんど取れず栄養状態不良の程度が強い方。
  • ご本人が診察や治療を拒否しておられる方 等

 

精神症状の強い方が初診予約をお入れになり、初診後まもなく病床のある病院に紹介せざるを得ず、結果的に紹介先の病院にご無理を強いてしまうケースが続いております。そのため初診のご相談の時点でクリニックレベルにて対応困難と判断した場合は、診察をおことわりさせていただくことがございます病床のある病院に通院中の方は、転院希望の場合も同じく病床のある病院への転院をお勧めいたします。新型コロナウイルス感染症対策もあり、不調時に入院治療を引き受けていただける病院が極めて限られており、緊急入院を希望されてもご紹介できない場合が多々ございます。

 

継続的に長時間 (15分以上) の診察を希望される方

再診の患者さまにつきましては、1日内に診察可能な人数の問題から、継続的に15分以上など、長時間の診察を行うことが困難です。

患者さまと別にお話をされたいご家族の方もいらっしゃるかもしれませんが、患者さまおひとりにつき、患者さま・ご家族併せまして10分程以内の診察時間にてお願いしております

初診の患者さまにつきましては、およそ30分程度の診察時間としております(ご家族より別にお話を希望される場合、以降お待ちの患者さまの診察に影響しない程度の時間でお願いいたします)。

 

心理士によるカウンセリング、認知行動療法 (CBT) 、EMDR治療をご希望の方

当院では施行しておりません。

 

中学生以下の児童の方

専門性が高いため、児童専門医の受診をお勧めいたします。

現在都合により、高校生 (18歳以下) の方の初診予約も中止させていただいております。

 

脳器質的疾患の影響による精神症状の可能性の高い方

65歳以上の方は、当院初診前の3か月以内に頭部画像検査 (頭部CTあるいは頭部MRI) を施行していただいてから受診いただくようお願いしておりますが、認知症も脳器質的疾患のひとつとなります。特にご高齢の方の場合は薬の副作用が強く出て体調不良となるなど、薬物調整が難しいことが多いため、初診時点より身体的にも管理可能な病院等での診察・治療をお勧めしております。また、若年の方におきましても器質的疾患の除外の優先が望ましいと思われる場合は、そのようにお伝えしております。

 

継続的な頭部の検査(脳波検査・頭部CTあるいはMRI等)・心理検査が必要な方

例えばてんかんの発作があり、細かな薬物調整が必要な方の場合、定期的に脳波検査を行いながらの薬剤調整ができませんので、当院での対応ができません。

知能検査・性格検査 などの心理検査も行っておりません。

 

法的係争のための診断書作成を希望される方

法的証明のためには客観的証拠となりうる詳細な検査が必要ですが、当院では心理検査が施行不能のため対応できません。

 

⑧医師の判断や提案を受け入れられず、自身の考えに固執されたり、治療方針を無理強いしようとされたりする方

医療を受けるということは、患者さまが困っていることを自力では解決することが難しいため、専門家の力を借りて解決に向けて近づいていくということが本来の目的です。したがいまして、自分で判断できないことを専門家である医師が判断し提案を行い、それを患者さんが受け入れ、実践することで治療が成立します(これを治療契約といいます)。そのような医師による判断や提案が受け入れられず、自身の考えに固執されたり、治療方針を無理強いされたりする場合、そもそも治療契約が成立しません。そのような場合、当院では治療ができません。

ご本人自身に全く治療意欲がない場合も同様です

 

ご家族のみが主導的に診察を希望される場合

患者さまご本人が、不調などの理由でお話が難しい・言葉が出づらい場合でも、ご家族の方のみの診察は原則行っておりません。ご事情がある場合に限り、診察時にご親族の方1名までの同席は許可しております(希望時はお申し付けください)。ただこちらから拝見しておりますと、そのような場合にご本人自身からお話をされることは少なく、ご家族からの状況説明で診察時間を過ぎてしまう場合がほとんどです。そのため原則、診察室への入室はご本人のみとさせていただいております。別記のとおり、ウイルス感染症拡大のリスクを抑える意味もございます

 

以上、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

当院での心理士によるカウンセリングは終了いたしました。

諸般の事情により、当院での心理士によるカウンセリングは2021/08月末にて終了いたしました(再開予定はありません)。

恐れ入りますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

土曜日の初診および今後の土曜日通院 (再診) 希望の方の新規受診受付を停止いたします。

当院は土曜日も開院しておりますが、他の曜日に比べますと患者さまの再診予約が増えてきております。

 

診察可能な人数の制約上、土曜日通院 (再診) 希望の方の新規受付を停止いたします

平日の通院にてご了解をいただいているにもかかわらず、初診後平日の仕事休みがどうしても取れないと土曜日の定期通院を希望される方がいらっしゃいますが、今後お受けすることは困難です。

 

土曜日は受診患者さまの増加のため、他の曜日と比べますとお一人ずつの診察時間も短めにせざるを得ない状況です。今のところ土曜日の開院時間は、若干短縮していく予定としていることもあり、恐れ入りますが土曜日以外に通院が可能な方は、その旨を診察時に、あるいは受付職員までお申し出いただけると幸いです

初診のご予約は患者さまご本人よりお願いいたします。

初診のご予約は、患者さまご本人以外からの予約受付をお断りさせていただきます

当方としても利便性を維持したく、本意ではありませんが、初診予約の無断キャンセルをされる、ごく一部の方への対応の一つとなります。よろしくお願いいたします。

当院ではHSPの「診断」は行っておりません。

HSP (Highly Sensitive Person;非常に繊細な人)は心理学的な概念であり、精神医学的な病名・診断とは異なります。マスメディア等の影響か、「私はHSPではないでしょうか」と受診される方が時々いらっしゃいますが、当方はHSPの専門家ではなく、また病名ではないHSPの診断や治療は行っておりません。

 

HSPに並行して生じていると考えられる、不安障害、うつ状態、発達障害(発達障害についても当院では詳しい心理検査はできません)などに対しては、薬物治療をはじめとして対応が提案可能なこともございます。

 

以上、ご理解のうえ受診くださいませ。

文書作成の期間につきまして

 

患者さまより文書作成のご依頼をいただくことがございます。

当院の書式による一般の簡易な診断書であれば即日の発行が可能ですが、その他の文書につきましては、診療時間の合間や就業時間後に少しずつ記載しており、約2週間のお時間をいただいております(障害年金診断書につきましては記載量が多いため、約1か月のお時間をいただいております)。可能な限り早めの記載を心掛けておりますが、期間が前後することがございます。

時々、提出期限が近いのでと期日直前に文書を持参される方がいらっしゃいますが、上記のため対応は困難です。また原則、文書の作成月には診察が必要です。

以上につきましてご了承くださいませ。

2021/04/15にて開院1周年となります。

2021/04/15にて開院1周年となります!

 

当クリニックはコロナ禍の真っただ中で開院いたしました。開院当初はどうなることかと日々頭を抱えておりましたが、最近はおかげさまで多くの患者さまにご来院いただけるようになりました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

引き続き、地域のみなさまがこころ穏やかに過ごせるお手伝いができますよう、また(すぐの初診は難しいことが多いのですが)、不調時に受診がしやすいクリニックを、スタッフ一丸となり目指していきたいと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。